アジアを救った近代日本史講義 (PHP新書)
1910年の日韓併合は、国際法的には合法だが、実質的には植民地主義といわれてもしょうがない。当時の日本と朝鮮は軍事力にも経済力にも大きな差があり、その力の優位を背景に日本が朝鮮半島を領有する条約を結んだからである。だがそれは奇妙な植民地主義だった。

日本が朝鮮半島に進出しようとした最初のきっかけは征韓論だが、これはヨーロッパの植民地主義とは違う発想だった。明治政府が新政府の樹立にあたって、1870年に李氏朝鮮との修好を求める国書を朝鮮に届けようとしたところ、朝鮮はその受け取りを拒否した。

その理由は、国書に皇上という文字があったことだ。「皇」は中華王朝の皇帝だから、日本の支配者は皇ではなく、朝鮮はその臣下ではないので、国書を受け取ることはできない、というのが朝鮮の主張だった。これに対して明治政府では、西郷隆盛が訪朝して説得すると言い出し、それに大久保利通などの主流派が反対し、これが西郷の下野するきっかけになった。

これは些細な外交文書の字句の問題のようだが、当時の東アジアの秩序のあり方をめぐる論争だった。朝鮮は李朝の伝統だった華夷秩序の概念にもとづいて朝鮮は清の臣下だと考え、日本は秩序の外にある「夷狄」だと考えていた。それに対して華夷秩序の外側にいた日本は、朝鮮のような事大主義の影響を受けていなかったので、ヨーロッパ的な国際法にもとづいて朝鮮と条約を結ぼうとしたのだ。

続きは10月7日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。