世界のなかの日清韓関係史-交隣と属国、自主と独立 (講談社選書メチエ)
沖縄の辺野古基地をめぐる果てしないゴタゴタは、韓国に似ている。法的には無意味な住民投票で国の決定をくつがえし、法を遡及しようとする沖縄県民の行動は、日韓請求権協定を無視して「徴用工」問題を蒸し返す韓国人の発想と同じだ。それはなぜだろうか。

これは無意味な問いのようだが、朝鮮と琉球の歴史には共通点がある。形式的には清の属国でありながら、実質的には日本に支配されたという点だ。朝鮮の場合には、それは清の冊封国だが属国自主とされていた。これは西洋のような植民地支配とは違い、清に朝貢して服従を誓うかぎり外交的な独立を認めるものだった。

琉球も清に朝貢する冊封国だったが、1609年に薩摩藩の島津家広が琉球に出兵し、首里城を占領して服属させた。琉球王国は島津氏の監督のもとに、将軍の代替わりごとに慶賀使を江戸に送る一方、清には毎年進貢船を派遣し、代わりに清の冊封使が来航した。こうして琉球王国は、日本に服属する一方、清国を宗主国とする両属の国となった。

この微妙なバランスを変えたのが、1879年の琉球処分だった。明治政府は琉球王国を解体し、沖縄県として主権国家の一部に組み込み、清との宗属関係を断ち切った。これは清にとっては琉球という属国の喪失であり、次に朝鮮半島をめぐる軍事的脅威に発展することを北洋大臣だった李鴻章は恐れた。

続きは10月7日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。