韓国「反日主義」の起源
近代の日本史に抜けているのは、朝鮮半島の歴史である。朝鮮は日本の一部だったのだから、その歴史は日本に含めるべきだが、教科書では「日本軍のアジア進出」として大陸と一緒になっているので、日本軍が朝鮮で戦争したと思っている人も多い。実際には朝鮮半島は平和で、朝鮮人は 内地以上に「皇国」に同化していた。
諸君の犠牲は決して無駄にはならないと、ここに宣言しよう。それは諸君に生を与えた朝鮮半島のための犠牲であり、その犠牲によって朝鮮半島は皇国の一員となる資格が与えられるのだ。まさに朝鮮の未来は諸君の今後の行動にかかっていると言っても過言ではない。
これは1943年に金性洙(のちの韓国副大統領)が、学徒出陣する志願兵に対するはなむけの言葉として朝鮮の新聞に書いたものだ。これは例外ではなく、こういう戦時中の戦争協力者が戦後は韓国の指導者になった。その最たるものが朴正熙大統領である。 彼は高木正雄という日本名で陸軍士官学校を卒業し、満州国軍で中尉となった。

それが戦後、韓国軍の将校になったのは、日本でいえばBC級戦犯が自衛隊の幹部になったようなものだが、彼に親日派としての戦争責任を問う人はいなかった。戦後の韓国政府の首脳は、ほとんどが戦争に協力した親日派だったからだ。朴はその過去を隠すために日本の映画やレコードの輸入を禁じ、安重根記念館をつくり、国定教科書に「韓国史観」を書かせた。

これは日本で、戦犯容疑者だった岸信介が首相になったのと似ている。岸の経歴は誰もが知っていたが、その戦争責任を問う人は少なかった。そんなことをいったら、多くの日本人が(共産党員を除いて)戦争に協力した責任があったからだ。憲法の平和主義は、そういう日本人の罪の意識を隠す戦後の国体だったが、朴のつくった「反日主義」は韓国の戦後の国体だった。

続きは9月16日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。