ケルトンが帰国してもMMTをめぐる話題は尽きないが、いまだにその中身はほとんど理解されていない。MMTは財政赤字の理論ではなく、インフレの理論でもない。そのコアは、マネーストックは資金需要で決まるという内生的貨幣供給理論である。

たとえば銀行が企業に1億円貸し出すとき、金庫から1億円の札束を出して企業に渡すわけではない。銀行がその企業の預金口座に「100,000,000」と書いた瞬間に、貸し出しが行われる。つまり預金が信用乗数で増えて銀行貸し出しになるのではなく、預金は銀行貸し出しで生まれるのだ。これはMMT独特の理論ではなく、異端でもない。
企業や個人が保有する現預金の総量は、金融機関や企業・個人の意思決定の結果として決まるものであるが、信用乗数理論ではロボットのような金融機関行動が想定されている。現実の金融機関はロボットではなく、それが利益の拡大につながると判断してはじめて行動を変化させる。
これは白川元日銀総裁の『中央銀行』の34ページの記述である。こういう話は日本では日銀流理論とバカにされたが、世界の中央銀行では白川氏の理論がスタンダードである。たとえばイングランド銀行のホームページでも、信用乗数理論を明確に否定している。
もう一つの一般的な誤解は、中央銀行がマネタリーベースをコントロールして経済における貸し出しと預金の量を決定するという、いわゆる信用乗数アプローチである。

続きは7月29日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。