大坂堂島米市場 江戸幕府vs市場経済 (講談社現代新書)
仮想通貨は、最近始まったものではない。実体をもたない仮想的な証券という意味では、株式も債券も「仮想通貨」である。このような広い意味での仮想通貨が、世界で最初に発達したのが日本だった。大坂の堂島には全国の大名が年貢として徴収した米が集まり、1650年ごろまでには市場ができた。

ここで取引されたのは米ではなく、大名が米の代金(銀)を受け取ったという「米切手」と呼ばれる証文だった。これは1枚で1.5トンの米に相当するが、堂島ではこれが米に交換されることはなく、米切手が取引された。したがって堂島は、米市場というより証券市場といったほうがいい。

ここまでは同時代のヨーロッパにもあるが、堂島の特徴は先物取引が行われたことだ。これは「帳合い」と呼ばれ、米切手を売って一定期間後に買い戻し(あるいはその逆)、決済のときその差額を相殺する。今の株式の信用取引のようなものだが、決済しても米は動かないので、日経225のような指数先物取引に近い。

このような洗練された証券市場が日本で発達したのは、契約が確実に実行される信頼関係があったからだ。契約を担保したのは法的な強制力ではなく、商人の濃密な人間関係だった。取引に参加できるのは市場のメンバーと面識のある商人に限られ、帳合いの取引履歴は取引所で集中管理され、一度でもデフォルトした商人は追放された。

続きは6月3日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。