AI vs. 教科書が読めない子どもたち
人工知能(AI)のブームは、今まで2度あった。1950年代に始まった「第1次ブーム」はすぐ挫折したが、80年代の「第2次ブーム」では世界中で巨額の投資が行われた。そのトップランナーが、通産省の第5世代コンピュータだったが、成果は何も出なかった。今は「第3次ブーム」だが、第2次ブームを同時代に見た私には既視感がある。投資を集めるために、プロジェクト・リーダーがAIの成果や将来性を誇大に語ることだ。

著者は東大入試をロボットに解かせることを目標にした「東ロボくん」というAI開発のリーダーで、これは「MARCHレベルの大学入試に合格するところまで行った」というが、東大合格は無理だと判断してプロジェクトは終わった。

著者はAIの将来性には懐疑的で、コンピュータが人間の知能を超える「シンギュラリティ」は今後とも来ないという。その理由としてあげているフレーム問題や「意味が理解できない」などの問題は昔から指摘されているAIの本質的な限界で、これを突破する革命的なイノベーションが起こらない限り、AIが意思決定や自己意識のような「知能」をもつ日は来ない。

いまAIと呼ばれているのは深層学習の応用技術で、これは機械学習の改良版にすぎない。著者は事務労働が「AI技術」に置き換えられてホワイトカラーが大量に失業する「AI世界恐慌」がやってくるというが、これも錯覚だ。どんな人にも比較優位があるので、労働市場が機能すれば仕事はなくならない。ただ雇用が製造業から対人サービス業にシフトし、コンピュータを使うエリートとそれに代替される「教科書が読めない子どもたち」の所得格差が開くおそれがある。

続きは2月11日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。