シフト&ショック──次なる金融危機をいかに防ぐか
リーマンショックから10年たち、世界的に景気が減速してきた。1980年以降、世界規模の金融危機は6回発生したので、次の危機が起こってもおかしくない時期だ。本書は2008年以降の危機の総括だが、経済システムの機能について「経済学の定説はなんの役にも立たないことが明らかになった」と断定し、「新しい思想」が必要だと強調している。

金融危機の最大の原因は世界的な貯蓄過剰で、それを生んだのは1990年代から始まった新興国の供給過剰と先進国の需要不足だった。これが世界的な低成長・低インフレ・低金利の原因ともなっている。この資金需給のギャップを埋めるのが銀行の役割だが、このとき銀行は信用創造という形で私的マネーを作り出す特権をもっている。

このマネーが好況のときは膨張してバブルをもたらす一方、不況のときは収縮して金融危機を起こす。しかし主流派のマクロ経済理論(DSGE)には貨幣が存在しないので、バブルの生成と崩壊を分析できない。フローの「インフレ目標」で経済をコントロールする金融政策も時代遅れだ。金融危機を生むのは資産価格の崩壊だからである。

こういう状況を分析する理論はまだないが、著者は異端派の経済理論にそのヒントを見出す。その一つが、銀行の信用創造を禁止してナローバンクにする「シカゴプラン」で、この考え方はMMTと同じだ。私的マネーを廃止して中央銀行が財政ファイナンスで過剰貯蓄を吸収すれば、資産価格をコントロールして金融危機をなくすことができるという。

続きは1月28日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。