江戸の教育力 近代日本の知的基盤
今年は明治150年なので、明治維新の画期的な意義を強調する行事が多いが、最近の歴史学では江戸時代との連続性を重視する見方が多い。これは西洋史で初期近代(early modern)と呼ばれる時代と重なっているが、ヨーロッパのこの時期が戦争の連続だったのに対して、日本の初期近代を特徴づけるのは、その長い平和である。

その政治的な原因は徳川幕府が徹底的に戦争を抑止するシステムをつくったことだが、文化的には高い教育水準だろう。本書は特に文字の習得がその鍵だったという。江戸時代末の識字率は成年男子で70~90%だったと推定されているが、これは同時代の世界でも驚異的に高い。

その原因は教育が普及したことだ。中世の武士は在地領主で、農民は隣合わせに住んでいたが、江戸時代に兵農分離で武士が城下町に住むようになると、公的な告知は文書でするようになった。それを読むために庶民が文字を習得したので、証文や手形などの文書による契約が近代日本の知的インフラになった、というのが本書の見立てだ。

続きは9月10日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。