「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト
AI(人工知能)のブームは、これまで3度あった。第1次ブームは1950年代後半から始まったが、この時期にAIの限界(フレーム問題)が指摘され、それはいまだに解決していない。第2次ブームは1980年代の「第5世代コンピュータ」のころで、自然言語処理が主なテーマだった。私も取材したが、まったく実用的な成果が出ないで終わった。

2000年代後半からが今の第3次ブームだが、本書も指摘するように、AIの限界が「深層学習」で解決したわけではない。本質的な問題は、機械は人間より安いのかということだ。たとえば外食レストランで注文をとって食事を出すロボットができたとしても、そのロボットを時給1000円で借りることができないかぎり、人間の仕事はなくならない。

この点では「AI化」に大した意味はなく、すでに「IT化」でコンピュータにやらせたほうが安い事務作業は、かなり置き換えられている。さらにいえば「グローバル化」で、国内雇用が輸入に置き換わっている。つまりこれまで中国人に奪われていた仕事が今後はコンピュータに奪われるわけだが、その基準はAIの性能ではなく、経済的な比較優位である。

続きは5月28日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。