昨夜の言論アリーナでは、新しいエネルギー基本計画をめぐって話し合ったが、原発と安全保障という古くて新しい話題が出てきた。日本の原子力開発が核武装をねらいとして始まったという話がよくあるが、その証拠はない。佐藤栄作が中国の核実験に反発して核武装の可能性を示唆したことがあるが、アメリカに反対されて逆に「非核三原則」をつくった。

だが自民党には、石破茂氏のように「核兵器を製造できる技術はもっておく必要がある」という意見も少なくない。もちろん今は核拡散防止条約と日米原子力協定を脱退しない限り核武装はできないが、逆にいうと核管理体制が大きく変わったときに備えて、技術的オプションとしては必要だという意見には一理ある。

ただ核燃料サイクルそのものが、核武装に結びつくわけではない。再処理で兵器級プルトニウムはできないからだ。むしろ北朝鮮を非核化した場合などに備えて再処理技術が必要だ、というのが宇佐美さんの意見だ。しかし安全保障を根拠として(採算のとれない)核燃料サイクルを維持することは、電力会社にはできない。株主に説明できないからだ。

続きは5月28日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。