科研費の問題はまだいろいろリアクションが来るが、私は科研費そのものは必要だと思う。たとえば素粒子論で巨大な実験設備が必要な研究を、大学の経費でやることはできない。その成果を収益化することもできないし、する必要もない。知識の外部性は大きいので、研究の価値を研究者に還元するのはむずかしい。ざっくりいうと、その方法は次の4つある。
  1. スポンサーに金を出してもらう
  2. 知識を独占して「知的財産」として販売する
  3. 学生に学歴を与えて「授業料」として料金をとる
  4. 政府が裁量的補助金を出す
続きはアゴラで。