官僚たちのアベノミクス――異形の経済政策はいかに作られたか (岩波新書)
安倍政権に特有の経済政策を「アベノミクス」と呼ぶとすると、その意味は明確だ。インフレ目標と量的緩和によるリフレ政策である。この意味でアベノミクスは、素人の翻訳家も認める通り明らかに失敗した。その原因も、大多数の経済学者が予告した通りだ。ゼロ金利でマネタリーベースを増やしても、日銀に「ブタ積み」になるだけで何も起こらない。

本書はこの「異形の経済政策」がなぜできたのかを、2012年11月から翌年3月までのクロノロジーで追ったものだが、よくも悪くも常識的な話だ:それを発案したのは本田悦朗氏で、賛成したのが浜田宏一氏と中原伸之氏。そして高橋洋一氏などの茶坊主が安倍首相をミスリードしたが、誰もマクロ経済学を理解していなかった。

だから当然リフレは失敗したが、安倍政権で景気は回復した。日銀が財政ファイナンスで財政赤字の拡大を埋め、日銀やGPIFが株を買って株価も上がったからだ。この意味でアベノミクスの実態は隠れた財政政策だったが、本書も指摘するように、それでは民主的なチェック・アンド・バランスがきかない。財政支出には国会の同意が必要だが、日銀の財政ファイナンスには(事前の)同意が必要ないからだ。

続きは4月2日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。