森友文書の改竄をスクープした朝日新聞の情報源は、大阪地検特捜部の検事だと思われるが、わからないのは検察がなぜこんな政権をゆるがす情報をリークという変則的な形で出したのかである。その答は、文書の改竄や事後処理にどこまで首相官邸の関与があったと考えるかで違う。

役所の常識では、まったく官邸の関与がなかったとは考えにくい。財務省は昭恵さんの名前の入っている文書については、官邸に相談するだろう。遅くとも検察が入って国交省や会計検査院に原本があることが判明した昨年4月以降は財務省だけで隠蔽できないので、官邸と協議したと思われる。

検察も普通は朝日に情報を出す前に、官邸に情報を上げるだろう。もちろん公式の報告ではなく、杉田官房副長官に「かぎつけられたので隠せない」と電話する程度だ。この場合は佐川元理財局長だけではなく、「今月5日に国交省の報告で初めて知った」という杉田副長官も(場合によっては菅官房長官も)嘘をついていることになるが、文書の証拠は残らない。

続きはアゴラで。