Energy and Civilization: A History (MIT Press)
世界初の商業用原子炉がイギリスで運転開始したのは1956年だった。核燃料のコストは化石燃料の1/100万以下なので、当時アメリカ原子力委員会(AEC)のストラウス委員長は「電気代は電力計で測るには安すぎる(too cheap to meter)料金になるだろう」と予想した。1971年にシーボーグAEC委員長は「20世紀中には全米の発電所が原発になるだろう」と予想した。

彼らの計算は今でも科学的には正しいが、原子力は1980年代に挫折した。チェルノブイリ原発事故で全世界に広がった反原発運動が、この安価でクリーンなエネルギーの未来を奪ってしまったのだ。大衆の放射能への不安が高まり、それに応えて安全基準が強化され、原発はますます高価になり、建設に10年以上かかるようになった。

原子力は成功した挫折(successful failure)だったと著者はいう。それは世界の電力の20%を発電するようになったという点では成功だが、その圧倒的なコスト優位性から考えると、自動車が馬車を駆逐したように全米の発電所が原発にならなかったのは挫折だった。そして2011年の福島事故が、この不運な技術にとどめを刺した。

続きは3月19日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンで。