遺言~私が見た原子力と放射能の真実~
1950年代以降、政府は国策として原子力開発を進めた。そのころ原子力は夢のエネルギーで、鉄腕アトムもドラえもんも動力は原子力で、エリート技術者が原子力に集まった。著者も夢を抱いて原子力技術者になったが、そのポテンシャルを十分発揮できないまま、原子力開発は3・11で頓挫してしまった。

しかし炉心溶融は原子力の宿命ではなく、軽水炉に固有の問題だ。軽水炉は核反応を制御棒で減速して水で冷却する構造なので、炉心溶融のリスクが避けられない。それはもとは軍事技術で、民間で使うには多重に安全装置をつけないといけない過渡的な技術と考えられていた。本命は制御棒なしで高速中性子を使う高速炉だったが、原子力潜水艦で実用化した軽水炉が世界標準になった。

著者の発明した4S炉も高速炉の一種で、出力は1万~5万kWと超小型なので制御しやすい。燃料を交換しないで(運転員なしで)30年運転でき、電源がなくなった場合も制御棒なしで自動的に核反応が止まるので、炉心溶融は起こりえないが、その実用化への道は遠い。

続きは1月8日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。