gahag-0036631893-1

今年も年賀状を出さないので、ブログでごあいさつ。

今年は憲法改正が国会で議論になりそうです。自民党では去年の安倍案をもとにして、第9条の2(あるいは第3項)に自衛隊を「必要最小限度の実力組織」として条文に明記する案が出ているようです。これは「戦力を保持しない」と定めた第2項を残したまま自衛隊を書き込む苦心の策でしょう。

しかしこれだと今の法制局見解を条文化したようなものだから、何が「必要最小限度」なのかという神学論争がまた続きます。石破茂さんのいうように第9条2項を削除するのがすっきりすると思いますが、これには公明党が反対しているため、話が進まない。他方、希望の党や維新には改憲派がいます。

そこで私が提案したいのは、党議拘束をかけないで議論すること。憲法改正は議員立法なので、超党派でやってはどうでしょうか。もちろんその後には国民投票があるので容易ではありませんが、時間をかけて議論すれば、国民が「国のかたち」を理解するいい機会になるでしょう。