世界戦争から革命へ (ロシア革命とソ連の世紀 第1巻)
今月はロシア革命(10月革命)から100年。いろいろな本が出ているが、その多くは本書のいう「ボリシェヴィキの語り」を脱していない。1917年のロシアで起こった出来事のピークが10月革命であり、それは(よくも悪くも)ロシアの伝統とは断絶した政治体制だったという見方は今なお根強い。

だが本書のような最近の研究が明らかにするのは、10月革命がマルクスやエンゲルスの考えた社会主義(共産主義)とはほとんど関係なく、ロシア人が人民専制と呼んだものだったということだ。それはツァーリをボリシェヴィキに置き換えたクーデタで、革命と呼べるかどうかも疑問だが、専制国家の伝統になじんだロシア人には受け入れやすかった。

レーニンはそれを「歴史の法則」という言葉で語った。ロシア革命は資本主義から社会主義への移行という普遍的な法則の証明であり、市場経済は計画経済に置き換えられ、国家は死滅して国際的な労働者のコミューンが生まれる――そういう語りは今も一部の人に空想的平和主義として残っている。

社会主義のイメージは否定的にも受け継がれているが、ロシアや中国の悲劇の原因は社会主義だったのか。資本主義のもとでは、戦争や虐殺は起こらないのか。1989年から崩壊したのが社会主義ではなく専制国家だったとすれば、それは資本主義がすぐれているという証明にはならないのではないか。

「ナショナリズム」の逆説

かつて帝政ロシアは第1次大戦の前から危機に瀕しており、それが戦争で崩壊した無秩序状態でボリシェヴィキが出てきたといわれたが、当時の状況を調べると逆だという。1905年の革命でストルイピンなどの改革がそれなりに成功し、軍備が近代化された。戦争によってナショナリズムが昂揚し、総力戦体制ができた。

だがロマノフ朝は多くの民族を抱える帝国だったので、ナショナリズムの覚醒は逆説的な結果をもたらした。一つの文化や言語で統一されるネーション(民族)を統合すると、帝国の求心力が弱まり、農村部の地方権力が独立する傾向が強まった。その結果、地方に農産物が退蔵され、首都に食糧危機が起こって帝政が崩壊した。

革命勢力はすべて社会主義政党だったが、ボリシェヴィキのように暴力革命をめざす勢力は少数派だった。しかし戦時体制による総動員体制が、社会全体を「一つの工場」にするというレーニンの理想にリアリティを与えた。社会全体を一挙に「計画化」するためには、自由主義的な改革を排除して反対派を駆逐する必要があったのだ。

ロシアのような「遅れた社会」で計画経済の原則が受け入れられたのは、西欧的な民主制や市場経済が欠如していたからだった。当時のインテリの多くはヨーロッパにあこがれており、マルクス主義は知的にも少数派だった。それが一時的に権力を取れたのは、農民が彼らに分裂するネーションを再統合する「新しい帝政」の役割を期待したからだった。

このようにロシア革命は、近代社会とも資本主義とも無縁のロシア的現象だったので、それが70年後に崩壊したことも資本主義の優劣と無関係な出来事だった。しかし日本人でも一時的に社会主義が多くの支持を集めたのは、それが現実に存在したという強みが大きい。

社会主義がロマンティックな理想のままでは実現せず、政権を取ったときはヨーロッパの社民のような中途半端なものになる。それを社会主義と呼ぶか資本主義と呼ぶかは趣味の問題だが、ロシア革命と無関係なことだけは明らかである。