現金の呪いーー紙幣をいつ廃止するか?
タイトルは奇妙だが、オカルト本ではない。著者はハーバード大学教授だが、金融理論の本ではない。地下経済という厄介なテーマを実証データで論じている。これはJBpressにも書いたように意外に深刻な問題で、その規模は主要国の平均でGDPの14.2%、日本は9.2%だという。

しかし定義によって、地下経済の正確な規模はわからない。世界全体の総資産、約100兆ドルの8%以上がタックスヘイブンにあるというのがピケティの推定だが、本書の推定もほぼ同じだ。その大部分は高額紙幣で、日本で流通している通貨の(金額で)90%以上が1万円札だという。

ハイテク化しているのに、現金の流通は増えている。それは金利が低下してマイナスになったためで、「タンス預金」はマイナス金利より得だ。これが金融緩和のきかない一つの原因になっている。足のつかない現金は脱税や犯罪の温床なので、高額紙幣を廃止すべきだというのが本書の提案である。

続きは6月26日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。