ジャック・デリダ 動物性の政治と倫理
アゴラこども版で「犬や猫に人権はない」と書いたら「けしからん」というコメントが来たが、定義によって犬猫に人権はない。問題は、なぜ「犬権」や「猫権」はないのかということだ。これはバカバカしい話みたいだが、最晩年のデリダのテーマだった。

彼は最後のセミナー『獣と主権者』でも、人間と動物の差別こそ本質的な問題だという。その境界は自明のようだが、そうではない。日本人にとっては犬猫もイルカも同じだが、自称エコロジストは両者を区別してイルカを人間の同類とし、日本人を「残虐だ」と批判する。

逆に人間の中にも「動物」がつくられる。江戸時代まで「非人」がいた。ヒトラーはユダヤ人を「人間以下の存在」と考えたから大量虐殺したが、その数より人類が殺した犬猫の数のほうがはるかに多い。ユダヤ人を殺すのが犯罪なら、なぜ犬猫を殺すのは犯罪ではないのか、とデリダは問いかける。

続きは6月5日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。