大学とは何か (岩波新書)
このごろ政治で「次は教育だ」という話がよく出てくるが、今の大学をそのまま無償化するのは、税金をドブに捨てるようなものだ。その本来の目的は教育ではなく、研究者の養成だったからだ。19世紀初めにドイツで生まれたフンボルト型大学は、中世のuniversityとは似て非なるものだ。初期のuniversityは職業訓練校であり、アメリカでは神学校だったが、キリスト教会の衰退で行き詰まった。

他方ナポレオン戦争に敗れたドイツでは、国力を高めるために研究の水準を上げることが急務だった。フィヒテやフンボルトの創立した大学の目的は教育ではなく、世界最先端の研究者を養成することだったが、その資金は税金だけでは足りなかった。そこで学費という形で研究資金を集める、ベルリン大学などのビジネスモデルができた。

実験や演習を中心として研究室を単位とする大学は、職業の役には立たないが、学生の払う授業料で資金は回る。20世紀前半まで世界をリードする科学的成果がドイツで生まれたのは、この大学のおかげだった。それは教授の研究費を授業料として集金するシステムなので、学生にはメリットがなかったが、アメリカに輸入されて意外な副産物を生んだ。

大学というギルド

アメリカのuniversityはハイスクールのようなリベラルアーツが中心だったが、もっと安価に学べるカレッジがたくさんできると、教養主義だけでは学生が集めにくい。そこでドイツから輸入した研究中心の大学モデルを学部の上に継ぎ足して大学院をつくり、そこで職業教育をすることにした。

ロースクールとメディカルスクールが4年の学部の上にでき、6年修了して初めて一人前の職業人となるようにした。これはジョンズ・ホプキンズ大学が1900年ごろ始めたもので、ドイツでは大学と呼んでいたものを大学院と呼ぶ「上げ底」だった。

大学院の2年は学生にとっては無駄だが、大学にとっては差別化できる宣伝文句になった。学部の教師はハイスクールと大して変わらない「教育者」だったが、大学院には全米から一流の「研究者」を集めることができた。それは研究者養成機関だったので、5年間の大学院を修了して博士号をもつ者だけが教授になれるギルドを形成したのだ。

学歴も、ギルドで徒弟修行をしたという免許証のようなものだ。徒弟修行には意味がなくても、それによるシグナリングには意味がある。大学は、今日も残る最大のギルドの一つといえよう。

歴史的には聖職者が最古で、医師と弁護士がそれに次ぐが、大学教授は聖職者に替わるものといえるかもしれない。ギルドは必ずしも悪いものではなく、情報の非対称性が大きいときには職業的な能力のシグナルとして役に立った。

しかしギルドの欠点は、それが供給制限によってのみ機能する点にある。フリードマンも指摘したように、医師や弁護士は資格試験で十分であって免許制にする必要はないが、それをやめた国はない。免許によるレントが確実な収入をもたらし、インセンティブになるからだ。

このように供給制限でインセンティブを与えるのが、スクリーニングである。それはシグナリングを大学の側から見たものだが、単に勉強コストをシグナルするだけではなく、大卒でないと大企業のホワイトカラーになれないという制限に意味がある。これは合理的だが、社会的にみると非生産的なレントである。

大学教授のギルドは医師や弁護士ほど職業団体として堅固ではないので、いま危機に瀕している。ギルドが供給の質を高めるのは、そのシグナリング効果が信じられているときで、そのときに限られるので、誰も大学教授の価値を信じなくなると、それが消滅するのは意外に早いかもしれない。