大学とは何か (岩波新書)
このごろ政治で「次は教育だ」という話がよく出てくるが、今の大学をそのまま無償化するのは、税金をドブに捨てるようなものだ。その本来の目的は教育ではなく、研究者の養成だったからだ。19世紀初めにドイツで生まれたフンボルト型大学は、中世のuniversityとは似て非なるものだ。初期のuniversityは職業訓練校であり、アメリカでは神学校だったが、キリスト教会の衰退で行き詰まった。

他方ナポレオン戦争に敗れたドイツでは、国力を高めるために研究の水準を上げることが急務だった。フィヒテやフンボルトの創立した大学の目的は教育ではなく、世界最先端の研究者を養成することだったが、その資金は税金だけでは足りなかった。そこで学費という形で研究資金を集める、ベルリン大学などのビジネスモデルができた。

実験や演習を中心として研究室を単位とする大学は、職業の役には立たないが、学生の払う授業料で資金は回る。20世紀前半まで世界をリードする科学的成果がドイツで生まれたのは、この大学のおかげだった。それは教授の研究費を授業料として集金するシステムなので、学生にはメリットがなかったが、アメリカに輸入されて意外な副産物を生んだ。

続きは5月22日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。