ほとんどの日本人は知らないしマスコミも相手にしていないが、一部のアメリカ人が真に受けて「日本は人身売買国家だ」と私にからんでくるので、事実をチェックしておこう。

2016年の米国務省の人身取引報告書は、日本を「人身取引撲滅のための最低基準を十分に満たしていない」国と評価し、ナイジェリアやバングラデシュなどと同じ「第2段階」とした。このレベルにランクされているのはG7諸国では日本だけで、「第3段階」に落ちると開発援助を制限される。

続きはアゴラで。