武士道の精神史 (ちくま新書1257)
新渡戸稲造の『武士道』は、アメリカ滞在中に日本語の文献を参照しないで英文で書かれた日本文化論で、「武士道」は彼の造語である。江戸時代以前に武士道という言葉を使った文献はほとんどなく、その元祖とされる『甲陽軍鑑』ではまったく違う意味である。

16世紀に成立した『甲陽軍鑑』は兵法の書であり、武田信玄とその家臣の戦いを記述してその敗因をさぐり、武士の心得を書いたものだ。ここには新渡戸のような精神論はなく、戦争においてどう戦うべきかという具体的な戦時訓が書かれている。

ここでは武士道とは、勇猛果敢に戦う武術のことで、武士をささえるエートスは御恩と奉公だった。これは在地領主として出てきた武士が、主君を中心に戦って領地を守り、戦い取った領地を臣下に与える契約で、一方的な主従関係ではない。戦場では主君が命令するが、平時には臣下が主君に「諫言」することが奨励された。

江戸時代には武士は実務官僚になり、兵法としての武士道は不要になった。「武士道とは死ぬことと見つけたり」で有名な『葉隠』は「死の美学」ではなく、18世紀に書かれた「治者」としての武士の心得だ。著者の山本常朝は一度も戦争に出たことがなく、『葉隠』のテーマも佐賀藩・鍋島家の家訓のようなものだった。

続きは5月15日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。