JBpressにも書いたように、安倍首相の憲法改正案は実質的には安保法制による解釈改憲の追認で、ほとんど「公明党案」ともいうべきものだ。これは従来の自民党案とはまったく違うので党内でも当惑が大きいようだが、よく考えられた案だと思う。

続きはアゴラで。