日本人の労働生産性が低いとか、一人当りGDPが世界22位になったとか言われると、日本人には納得できないのではなかろうか。近所のコンビニでは店員が24時間働き、超効率的に棚を管理している。それは一部の都市だけではない。日本のGDPを平地の面積で割ると、図のように世界一なのだ(香港やシンガポールなどの都市国家を除く)。

gdp
可住地面積あたり名目GDP(万ドル/km2

これは歴史的にも重要で、労働集約的な農業で土地を節約する勤勉革命が、江戸時代に生産性の高まった原因だった。明治以降の工業化でも、日本は労働集約的な工業化を選んだ。繊維産業などでは日本の賃金が圧倒的に安かったので輸出もできたが、資本蓄積が進まなかったので1920年代に行き詰まった。

続きは5月8日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。