アメリカ外交50年 (岩波現代文庫)
韓国の政権が崩壊し、朝鮮半島に「力の空白」が生じている。1950年に朝鮮戦争が起きたのも、アチソン国務長官が、「アメリカが責任を持つ防衛ラインは日本までだ」と発言し、韓国に言及しなかったことがきっかけだった。本書はジョージ・ケナンが「封じ込め」戦略を書いたX論文で有名だが、1979年の増補版では朝鮮戦争についても書いている。

彼の「封じ込め」は冷戦期のアメリカの外交方針になったが、ここには誤解があった。Containmentは「中に入れておくこと」という意味で、軍事的に抑え込むという意味はなかった。モスクワ大使館に7年いたケナンは、ソ連が信頼できないことを知っていたが、アメリカを攻撃する実力はないので、その勢力拡張を防いで力の均衡を維持すべきだ、というのが「封じ込め」の意味だった。

ケナンは日本に再軍備を求めないで中立化し、朝鮮半島に「民主的な選挙で選ばれた政権」を樹立すべきだと考えていた。ソ連の南下を防ぐ前線基地は、日本ではなく朝鮮半島だと考えていたからだ。ところが彼は国務省の主流からはずされ、在韓米軍が大幅に削減された直後に朝鮮戦争が起こった。そこにはアメリカの大きな誤算があった。

続きは4月10日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。