きのうも言論アリーナで話したように、東芝の経営危機は核拡散の問題とつながっている可能性がある。これに対して「原子炉級プルトニウムで核兵器はできない」という意見があるが、核弾頭が発熱で崩壊するとしても、少なくとも3日は使えるようだ。それならこの映画のようにプルトニウムを盗んで、自分で組み立てて起爆する自爆核兵器として使うことはできる。

技術進歩は「戦力は経済力に比例する」という総力戦の常識を変えた。核兵器はローコストなので、北朝鮮のような最貧国でも保有できる。「イスラム国」のようなテロリストが保有する時代も遠くないだろう。このような非対称戦争のリスクが冷戦時代より大きくなったのは、彼らが従来の核保有国のように合理的に思考するとは限らないからだ。

続きは4月3日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。