豊洲をめぐる騒動の原因は、小池知事が大衆をバカにしているからだというのが私の仮説だが、彼女がワイドショーの話を信じているという説も捨てきれない。本人が間違いだと知っていたら、そう長く嘘をつき続けることはできない。トランプのように支離滅裂な話を信じているのがポピュリストの特徴である。

丸山眞男は、ファシズムの担い手は本物のインテリではなく「小中学校の教員や村役場の下級官吏のような亜インテリだった」(「日本ファシズムの思想と運動」)と書いて批判を浴びた。これは政治的には正しくないが、当たっている。科挙でインテリが国家権力をもった中国と違って、日本ではインテリが歴史を動かしたことはない。

しかし結果的には「全面講和」を唱えた丸山や南原繁などのインテリより、自民党を支持した大衆のほうが賢明だった。もし1950年にインテリが勝利していたら、日本は講和条約を結べず、安保条約は60年で破棄されただろう。国民が自民党を支持したのは、彼らが条約の中身を知らなかったからだ。歴史を動かすのは、それを書くインテリではなく、圧倒的多数の大衆であり、それを煽動する亜インテリである。

大衆は平時には政治に無関心なので自民党を支持するが、危機のときはワイドショーを見て小池氏のようなポピュリストを支持する。アメリカでトランプが支持され、イギリスでBrexitが支持されたのも同じ現象である。それは国民が愚かになったからではなく、その知識水準が上がって、彼ら自身が亜インテリになったからだ。

続きは3月20日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。