アマゾンで「鮮魚」を検索すると、けっこう出てくる。野菜も果物もある。関東に流通センターを置いてクール宅急便で送れば、消費者が大型店まで魚を買いに行くのといい勝負だろう。豊洲市場の面積は約40haで、築地の2倍だ。今でも衰退している仲卸が2倍に増えるはずがなく、寿司屋などは移転しないので、半分以上はあいてしまう。築地の業者が移転したくないのなら移転を中止して、ネット流通業者を入れればいいのだ。

続きはアゴラで。