森友学園の問題はわけのわからない方向に脱線し、稲田防衛相が「日本が道義国家をめざす」という珍妙な答弁をしたことで教育勅語の是非論になっている。朝日新聞の杉原里美記者は「臣民は戦争など国の非常時には、勇気をふるって身を捧げ、『君国』のために尽くす」と批判しているが、いい加減にしてほしい。

続きはアゴラで。