Interest and Prices: Foundations of a Theory of Monetary Policy
学生のころ、フリードマンの自然失業率の論文を読んで目からウロコが落ちたが、シムズのジャクソンホール論文は、それ以来だ。フリードマンが見事にスタグフレーションを説明したように、FTPLは長期停滞を説明した。それをフリードマンになぞらえると、自然失業率に相当する重要な概念が非リカーディアン均衡である。

政府の本源的な収入は税収だけだから、長期的には均衡財政になるというのがバローのリカーディアン均衡(中立命題)だが、政府は通貨を印刷して債務を返済できるので、理論的には「無税国家」も可能だ。ウッドフォードはFTPLの指導的な理論家だが、本書でも「政策が非リカーディアンなら、政府予算は外的な制約を受けない」という(p.315)。

つまりケインズ政策で景気は無限によくなるように見えるが、長期的には金利が上昇するとインフレで実質債務のデフォルトが起こり、金利と物価が発散する。それを防ぐために財政赤字を減らすと財政黒字の現在価値が上がり、民間投資をクラウディングアウトして物価が下がる。それは次の均衡条件で説明できる。

 物価水準=名目政府債務/財政黒字の現在価値

これは日本やEUが「非リカーディアン不均衡」にあるからで、それを非リカーディアン均衡に近づけて安定させようというのがシムズの提案だ。それには政府の過剰債務の整理が必要だ。会社更生法のように国民がインフレで「債権放棄」すると同時に、政府が社会保障などの債務を踏み倒してリストラするのだ。

続きは2月6日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。