債務、さもなくば悪魔 ヘリコプターマネーは世界を救うか?
アデア・ターナーが来日して、またヘリマネが話題になっているようだ。これは本書の解説で早川英男氏もいうように単なる与太話だが、橋下徹氏のように真に受ける人もいるので、ちょっとコメントしておく。

彼の提言は「国債を無利子の永久国債にして日銀が無限に買い入れればデフレを脱却できる」という話だが、これは無意味だ。まず日銀は金利を国庫納付金として政府に納めているので、もともと無利子であり、日銀が国債を売ることも当分ないので、永久国債と同じだ。国債を日銀が買うのは統合政府のバランスシートで考えると同じだというのは正しいが、それは何の効果もないことを意味する。

だから最初は今のように何も起こらないが、金利のついた国債を金利のない日銀券と交換して得したと錯覚するのは、マクロ経済学を知らないリフレ派だけだ。長期金利が上がると、日銀が国債を買い支えて通貨を無限に発行したら財政インフレが起こる。これは実質債務のデフォルトとして国民負担になるので、ヘリマネの本質は金融政策ではなく財政政策である。これをターナーのように錯覚すると大惨事になる。

続きは1月30日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。