偽史の政治学:新日本政治思想史
丸山眞男の死後20年以上たっても、東京女子大の丸山眞男文庫では、彼の録音テープや手書き原稿を刊行する事業が続いている。本書の最終章は、それを利用して丸山の幻の主著『正統と異端』の一部を復元しているが、意外な指摘は、彼の「L正統」という奇妙な概念が、江藤淳の「押しつけ憲法」論への反論だったという話だ。

江藤はポツダム宣言の受諾は「無条件降伏ではなかった」として、アメリカの「属国」になった戦後の日本を批判した。丸山は「8月15日は日本国民が自由な主体になった革命だった」と主張し、それを宮沢俊義が「8月革命」説として憲法を正統化した。これはいまだにガラパゴス憲法学者が信じている荒唐無稽な説で、そんな論理を許したら独裁国家も正統になってしまう。

丸山はその無理を知りつつ、「Legalではないが日本国民が主権者として選択したLegitimateな正統」として憲法を擁護した。保守派が憲法を批判し、リベラルがそれを擁護する「ねじれ」はこのとき始まったが、どちらも事実誤認だった。江藤も丸山も知らなかった(2001年に機密指定を解除された)吉田=ダレス会談の記録で明らかになったのは、新憲法は手続き的には押しつけだったが、実質的には日米の合意だったということである。

続きは1月16日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。