nenkinきのうのBS朝日「激論!クロスファイア」でも、朝日新聞の「経済成長は永遠なのか」という記事が話題になった。このタイトルが示す通り、朝日は「成長は永遠ではないのであきらめろ」といいたいらしいが、田原総一朗さんも竹中平蔵さんも私も「まったくナンセンス」ということで意見が一致した。

この記事の致命的な欠陥は、今の財政が成長を前提に設計されているという事実を見落としていることだ。その最たるものが社会保障である。厚労省の「年金100年安心プラン」の想定している名目運用利回りは、4.2%(中央値)。これは実質賃金が毎年2.6%も上がると想定している。2100年までこんな高成長を前提にして、公的年金は運用されているのだ。

朝日新聞的に説教するなら、「成長を前提にした制度設計を見直せ」というべきだった。特に年金も医療も介護も賦課方式になっているので、人口が減って成長しないと加速度的に現役世代の負担が増える。金融資産の65%をもつ60歳以上に現役世代から所得を逆分配するので、若年層は貧困化する。彼らがそういう不安を感じているから、個人消費が増えない。このまま放置すると、社会保障が日本経済を食いつぶしてしまう。

続きは1月9日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。