185px-Fukuyama-han_hansatu1730アゴラこども版で書いた「ゾンビ企業」の問題は、経済学ではソフトな予算制約(SBC)としておなじみだ。この言葉をつくったコルナイによると、これが社会主義の崩壊した最大の原因だという。SBCが厄介なのは、問題が薄く広く分散するため、被害が見えにくいことだ。今の日本の政府債務もこれに似ている。

江戸時代の各藩の財政も1700年ごろ行き詰まっていたが、そこから幕藩体制が崩壊するまでに150年以上かかった。ただ当時の民衆は、徳川の武士が薩長の武士に「大政奉還」しただけで、大きな変化とは思っていなかった。それが革命になったのは、1871年の廃藩置県によってである。

幕藩体制の中核だった各藩が「自発的に」権力を放棄したのは、世界史にも類をみない革命だった。その最大の原因として多くの歴史家が指摘するのは、各藩の財政が行き詰まっていたことだ。1870年の段階で各藩の「政府債務比率」は藩の収入の約3倍に達しており、権力をもつメリットはなかった。

新政府は各藩の債務を「肩代わり」すると称して、藩札(写真)を非常に低い為替レートで円に切り替え、「旧藩債償還法」で債務の大部分を踏み倒した。このため巨額の藩債を保有していた大坂の豪商は破産し、江戸の札差も没落した。同じ手は、これからも使えるかもしれない。

続きは1月9日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。