南スーダンPKOへの自衛隊派遣で、「駆けつけ警護」が問題になっている。自衛官が殺されたら稲田防衛相の進退問題になる可能性もあるが、逆に自衛官が反政府ゲリラを殺したら殺人罪に問われるリスクもある。こんな中途半端な状態で派遣するのは危険だ。

続きはアゴラで。