日本陸軍と中国: 「支那通」にみる夢と蹉跌 (ちくま学芸文庫)
主権国家は特殊西洋的な制度だから、それが日本にも中国にもなかったのは当然だが、日本がそれを丸ごとコピーして奇蹟的な発展を遂げたのに対して、中国はプライドがじゃまして改革できなかった。この差は19世紀末から大きく広がり、日清・日露戦争で日本は満州を支配するようになった。

当初は日本軍に中国を侵略する意図はなく、むしろ東亜保全という大アジア主義が、北一輝や大川周明なども含めた共通認識だった。特に軍閥が割拠する状態を収拾して「国家」を安定させることが日本の国益にもかなうと考え、陸軍は「支那通」と呼ばれる専門家を孫文など国民党の顧問にした。

しかし辛亥革命が挫折し、軍閥が中国北部を占領するようになると、日本軍は軍閥を援助して中国を軍事的に統一しようとした。日本政府はこれに反対して南部の国民党を支援したが、両者に共通していたのは「皇帝を失った中国はミミズのような無頭生物であり、日本の支援なしには自立できない」という侮蔑的な(正しい)認識だった。

続きは10月31日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。