憲法論
「できるかできないか考えないで原発ゼロにしよう」と主張した大野博人氏(外報部出身)に代わって、根本清樹氏が朝日新聞の論説主幹になった。政治部の本流といわれる根本氏になれば、少しは朝日もリアリズムになるかと期待したが、彼の署名で書かれたコラムは、お粗末というしかない。

彼は「明日の自由を守る若手弁護士の会」なる団体のクイズ「国民は憲法を守らないといけない。○か×か?」から説き起こす。正解は×だというのだが、これは間違いである。たとえば憲法30条は「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う」と定めているが、根本氏には納税の義務はないのだろうか。

たしかに憲法99条は「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と定め、国民は含まれていないが、それは国民が憲法に違反してもいいという意味ではない。すべての法律は憲法に適合しなければならないのだから、その法律を守る国民は憲法を守らなければならない。これは自明の三段論法である。

本質的な理由は、カール・シュミットのいうように、主権者たる国民は憲法制定権力であり、それに従う客体ではないということだ。国民のつくった憲法を国民が守るのは当然で、それを改正するのも当然だ。これが立憲主義であり、「首相が改憲を訴えるのは立憲主義を傷つける」という根本氏は、立憲主義の意味を誤解している。

続きは5月9日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。