kio

つまらない歴史トリビアだが、報道ステーションが誤った「スクープ」を騒いでいるので、史実を確認しておく。幣原首相が1946年1月24日にマッカーサーとの会談で戦争放棄を提案したという話は、マッカーサーが回想録で書いた周知の事実で、スクープでも何でもない。

彼がマッカーサーに戦後復興の考え方として平和主義を語ったことは事実だろうが、これは憲法で規定することを意味しない。古関彰一氏は、憲法の制定過程を一次資料で微細に追った結論として、第9条を発案したのは幣原ではないという。

マッカーサー会談のあと閣議に提出された、いわゆる松本案は天皇を主権者とする明治憲法の修正案で、軍については何もふれていない。しかも幣原は、閣議では戦争放棄を憲法で規定することには反対した。だから2月13日に、マッカーサーが松本案を全面否定して日本に渡した「マッカーサー・ノート」に、幣原は驚愕したのだ。

その第9条の部分を書いたのはGHQ民政局のケーディス次長だが、彼の回想では幣原にはふれず、そのアイディアは天皇が「戦争の放棄」を明記した勅語によるものだと語っている。しかしこの勅語が発せられたのは、3月6日だ。いったい誰が「平和憲法」を発案したのだろうか?

続きは2月29日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。