革命的な、あまりに革命的な―「1968年の革命」史論
60年代後半に世界的に昂揚した学生反乱は、政治運動としては挫折したが、文化的には多くの創造的な作品を生み出した。本書もウォーラーステインに依拠して「1968年はアメリカ中心の世界秩序の終わりだった」という。

対抗文化(counter-culture)は、そういう政治運動の中で生まれた。既存の社会秩序を全面的に否定する運動は、革新的な思想や芸術を生み出す。それは第1次大戦後、帝政が倒れたロシアやドイツで、カンディンスキーやシェーンベルクやハイデガーが生まれたのと同じだ。

日本の60年代が生んだ最高の思想的成果は廣松渉の哲学だった、と本書は評価する。その緻密なマルクス文献学に支えられた「共同主観性」の哲学や疎外論批判は、同時代のアルチュセールをはるかにしのぐ水準だった。また岩田弘は、ウォーラーステインと独立に、独自の「世界資本主義」論を提唱した。

しかしこうした日本の対抗文化は、その後あまり継承されず、学生運動の沈静化とともに、時代はポストモダンに移ってゆく。それは「ニューアカデミズム」などと呼ばれたが、中身はフランス現代思想のコピーにすぎず、それを自覚した浅田彰は沈黙してしまった。

続きは2月29日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。