Vlogでも紹介したように、山田太郎参議院議員は、いま国会の予算委員会で「有害図書」の問題を追及している。なぜ予算委員会で有害図書なのかというと、菅官房長官が去年12月の田原さんの番組で、軽減税率の対象について「例えばポルノ雑誌とか、そういうものが全部入ってしまうのです。ですから、そういうものの線引きを、これは是非、業界の皆さんの中で決めていただく」と発言したからだ。

続きはアゴラで。