文明の多系史観―世界史再解釈の試み (中央叢書)
非西洋世界で日本だけが自力で近代化を達成できたのは、ヨーロッパとよく似た「封建社会」と呼ばれる分権的な国家ができていたからだというのは、マルク・ブロック以来の通説で、それを「周辺国」としての日本とヨーロッパの共通性で説明したのが梅棹忠夫だった。

柄谷行人氏はそれを知らないで梅棹と似たような話をしているが、1998年に出た本書は梅棹を踏まえた上で、「生態史観」を一般化した「多系史観」を提唱している。

梅棹が封建社会を生態学の「遷移」という単純なモデルで論じたのに対して、村上泰亮はこれを古代社会が親族集団の限界を超えて「国家」に進化した結果と考える。中国のような世界=帝国では強力な中央集権国家が全国を統治するが、その周辺の日本では親族を超えたイエやムラなどの社団(機能集団)ができ、それがゆるやかに結びつく。

ヨーロッパでも古代ローマ帝国が崩壊したあと、その周辺のゲルマン民族の共同体連合として神聖ローマ帝国ができたが、両者には大きな違いがあった。日本は海で隔てられていたのに対して、そういう自然な国境のないヨーロッパでは戦争が続き、それを統合するためにカトリック教会という全欧的な権威が成立した。これが両者の歴史の分岐点だった。

続きは1月25日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。