震災復興の政治経済学 津波被災と原発危機の分離と交錯
東日本大震災は、阪神大震災よりはるかに大きな災害だと思われた。おまけに原発事故も重なり、その震災復興予算は25兆円と、阪神の9.2兆円を大きく超えた。たしかに死者・行方不明は1万8000人と阪神大震災の6000人を大きく上回るが、復興のコストにはこんなに大きな差はなかった。

阪神の被災地が建物の密集する都市だったのに対し、「東日本」というのは誇張で、ほとんどの被害は岩手・宮城・福島の3県に限定されていた。本書の推計ではその被害額は6.7兆円と、阪神の6.3兆円とそう違わない。にもかかわらず過疎地に25兆円もの復興予算がつぎ込まれたことは、さまざまなひずみをもたらした。

他方、地震や津波より大きく報道された福島第一原発事故による放射線障害はゼロだが、過剰報道がいまだに続き、それが風評被害を生んで被災者の帰宅を阻んでいる。本書はこうした震災の被害を数値データで分析し、合理的な復興政策を提言する。

続きは12月28日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。