ダウンロード

在京AMラジオ局が、FM放送を始めるそうだ。ネット放送で無限のチャンネルが聞ける時代に、FM放送を始めるセンスもNOTTV並みだが、その使う電波が90MHz帯(アナログテレビの1チャンネル)というのは見逃せない。テレビを立ち退かせてVHF帯を「有効利用」するはずが、迷走したあげくにラジオになるとは、とんだ笑い話だ。

このニュースを見て、長谷部氏の「法律家共同体のコンセンサスに国民は従え」という言葉を思い出した。彼はある意味で的確に、日本の官民関係を表現している。電波を動かしているのも、電波官僚の独裁ではなく、官民の電波共同体のコンセンサスなのだ。

2010年に電波部案をくつがえして実現した700/900MHz帯の再編でも、NECや富士通などのITゼネコンが執拗に反対した。ある討論会で私が総務省ワーキンググループの技術者に「電波部案が技術的にナンセンスだということはあなたも認めたのに、なぜそれに固執するのか」ときいたところ、「それしか関係者のコンセンサスがとれないのだ」という。

この関係者とは、電波部とその天下り官僚とITゼネコンの電波共同体だ。彼らはLTEでクアルコムなどに先を越され、国際周波数で競争が始まったら全滅するので、日本だけのガラパゴス周波数で国際競争を阻止しようとしたのだ。

続きは12月14日(月)朝7時に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。