ブンヤ暮らし三十六年: 回想の朝日新聞
友人の朝日新聞記者に「朝日の体質を知るのに最適の本」と推薦されたが、72のエピソードが脈絡なく並んでいて話にとりとめがないので、途中で投げ出した。新潮ドキュメント賞を受賞したというので最後まで読んでみたが、本としての完成度は低い。

ただ注意深く読むと、朝日の特異な体質がわかる。世間の印象とは違って、朝日は非常に保守的な企業で、いくら優秀でも社内の「空気」にさからうと、地方支局を転々とする。著者もその空気になじめず「出世街道の裏道を歩いてきた」とみずから言うが、それだけ客観的に朝日の体質を見ている。

彼が富山支局に勤務していた1973年に「微生物タンパク(石油タンパク)を含む飼料を食べた乳牛が4頭死んだ」という小さな記事を書いた。原因は飼料ではなかったが、これに反対派が騒ぎ始めた。特に朝日の松井やより記者は激しく反対キャンペーンを張り、1年後に農林省は石油タンパクの使用を禁止した。海外では微生物タンパクは普通に食品として使われているが、日本ではいまだに禁止されたままだ。

1975年に北ベトナム人民軍の参謀総長が回顧録で「ベトコンの主力は北ベトナム兵だった」と明かした。世界のメディアが報道したが、朝日は無視した。本多勝一記者などが「解放戦線」を絶賛していたからだ。これについての丸山静雄論説委員の説明は、共産党の機関誌『前衛』の原稿用紙に書かれていた。
…など無責任な「スクープ」やキャンペーンが、社会に大きな影響を与えた多くの事例があげられている。慰安婦デマは例外ではないのだ。こういう特異な「空気」を生み出した原因は、本社採用の「キャリア」と地方採用、あるいはキャリアの中でも本流と傍流の差別が露骨で、いったん傍流に入ると二度と戻れない硬直した人事システムにある。

おもしろいのは労組の位置づけだ。朝日の社長は、労組の委員長経験者が多い。これは御用組合だからだが、地方ではガチンコの労使紛争が珍しくない。あるとき富山支局で紛争が起こり、支局長が組合員に「地区大会に出るな。支局で組合活動をやると、本社に上がれなくなる」と警告した。これを著者が報告したところ本社の労使協議で問題になり、「お前には未来がない」と宣告された(その通りになった)。

それでも昔は多様性があり、本多や松井のような極左がいる一方、文芸時評は福田恆存や江藤淳が担当していた。それが70年代から言論統制が強化され、「朝日的」な論者しか紙面に出なくなった。こうした空気の変化が記者に影響を与え、大学ランキングの編集長は「教員の執筆実績」から『正論』や『諸君!』を除外しろと著者に命じた。

私の印象でも90年代以降、朝日の左傾化は顕著になったような気がする。それは新聞が斜陽産業になって一流の人材が来なくなった時期であり、読者が高齢化して左翼的な記事しか売れなくなった時期でもある。冷戦以降の本質的な変化を理解できず、いまだに安保反対が最大の政治問題だと思い込んでいる朝日の劣化が日本社会に与える悪影響は大きい。