キャプチャ19世紀末にニーチェが予言したように、20世紀はニヒリズムの時代だった。近代市民社会の理想が2度の世界大戦で破壊され、社会主義の理想が崩壊し、あらゆる絶対的価値を否定するポストモダニズムだけが残った。

しかしすべてが無根拠なら、人はなぜキリスト教やイスラームを信じるのだろうか。量子力学や分子生物学は客観的真理だという通念も、たとえばSTAP細胞をめぐる騒動をみると、宗教と大した違いがあるようにはみえない。

むしろ本質的には根拠のない世界から、人々の共通に信じる<真理>がなぜ生まれるのか、という問題が21世紀の哲学のテーマになろう。本書はこのような「ポスト・ポストモダン思想」の論文集である(PDFで入手可能)。その中心になっているのは、最近メイヤスーなどフランスの若手が主張している思弁的実在論(speculative realism)だが、この名前はミスリーディングである。

少なくともメイヤスーの議論は、認識とは独立の実在を主張するものではなく、ヒュームの問題を「必然的実在とみえるものは本質的には確率的存在である」と考えることで解決しようとするものだ。それは「真理はいかに構成されるか」という問題を設定する点で、ジジェクもいうように「新ヘーゲル主義」とでも呼んだほうがいいのかもしれない。

続きは6月28日(日)配信の池田信夫ブログマガジンでどうぞ。