大分岐―中国、ヨーロッパ、そして近代世界経済の形成―
2001年に発表された、グローバル・ヒストリーの古典。今までの「アジアはなぜ遅れたのか」という問いを逆転し、1800年には中国が世界の最先進国だったのに、ヨーロッパが急速に発展して大分岐が起こったのはなぜかという問題を実証的に調査する。

その原因は「資本主義」でも「産業革命」でもない。中国には産業も技術もあり、労働力は全ヨーロッパを上回った。ヨーロッパが中国を追い抜いた最大の要因は、グローバル化で獲得した新しい資源だった。新大陸の発見で広大な土地が利用できるようになり、石炭の発見で工業が発展したからだ――というのが本書の仮説である。

この大胆な仮説は大論争を呼び、その後はポメランツも修正したが、ヨーロッパ中心主義を否定し、アジアを中心にしてグローバル化を数量データで実証する手法は、「カリフォルニア学派」として歴史学に大きな影響を与えた。本書を読まずに、21世紀の世界史は語れない。

続きは6月21日に配信する池田信夫ブログマガジンでどうぞ。