韓国の朴槿恵大統領が、日本と慰安婦問題について「水面下で交渉」していると言ったそうだ。朝日新聞が嘘と認めた以上、日本政府がこんな問題で交渉する理由はないが、依然として「反日」が朴政権の唯一の支えになっているようだ。

きのう収録した「そこまで言って委員会」(21日放送)でも、洪熒氏(元駐日韓国大使館公使)が、大韓民国は「抗日60年」の抵抗運動に勝利した戦勝国だと繰り返して、うんざりした。

日本人は知らないだろうが、韓国の公式史観では、1910年の日韓併合の30年前から日本が朝鮮を搾取していたことになっている。日本の侵略戦争には敗北して併合されたが、その後も抗日戦争が続き、1945年に勝利して大韓民国が建設された、というお話になっているのだ。

続きはアゴラで。