日本経済の再編成
JBpressの記事を書くために本書をアマゾンの古本屋で買ったが、これが「全面講和」や安保改正で「岸退陣」を主張した朝日新聞の論説主幹の著書かと思うと、その豹変に驚くとともに、時の政権やGHQに迎合して生き延びた生命力に感心する。

笠信太郎といえば、国語の教科書で「イギリス人は歩きながら考える。フランス人は考えた後で走りだす。そしてスペイン人は走ってしまった後で考える」といった小話で記憶している人が多いだろう。その文体はリベラルな西洋風だが、戦前の彼は『日本経済の再編成』の序文でこう書いている。
出来る限り統制から逃れようとする経済界の姿勢は、その利潤追求の個人的な本質をいよいよ露出してくる。勢い、こういう腰つきでは、経済界は政策に対して公然たる発言をなすことができなくなるほかない。しかし経済界がその自主を取り返すためには、結局のところその腐りかけた自由主義の一部分を切って捨てる必要がある。(強調は引用者。漢字かなづかいは変更)
本書の出た1939年12月には国債の増発でインフレになり、統制が強まって経済はかなり疲弊していたが、彼は「戦時経済に入っての経済統制」の成果を誇り、それを可能にしたのは国民の国策への協力だったという。それに対して経済界は「腐りかけた自由主義」にとらわれて戦争遂行への協力が足りないというのだ。

続きは6月7日(日)に配信する「池田信夫ブログマガジン」でどうぞ。