資本主義の正体
ピケティ『21世紀の資本』が、いよいよ日本でも発売されました。日本でもアベノミクスで株価が上昇する一方、実質賃金が下がり、ピケティとは違う意味で格差が拡大しています。

円が暴落しているのに貿易赤字が拡大し、マイナス成長に陥るなど、日本経済は危機的な様相をみせています。いま起こっているのは、戦後ずっと続いてきた「貿易立国」による成長局面が終わり、成熟した債権国になる変化です。
こういう100年単位の変化を考える上でピケティより役に立つのは、グローバル資本主義を1848年に発見したマルクスです。今年1~3月のアゴラ経済塾では、池田信夫『資本主義の正体』(12月19日発売)をテキストにして、21世紀の資本主義をみなさんとともに考えます。

第1回は『日本人のためのピケティ入門』を使って、話題の『21世紀の資本』について解説します。第2回の1月14日は、NewsPicksと共催で「ピケティ・カンファランス」を開催します。セミナーの参加者には『資本主義の正体』をお贈りします。

セミナーはすべてUstreamで動画中継し、録画してアーカイブで見られるので、全国の(あるいは海外の)みなさんも、いつでも視聴できます。質問もFacebookグループでできます。毎週メールマガジン(無料で購読)で基礎知識を解説します。

講師:池田信夫(株式会社アゴラ研究所 所長)

テキスト『資本主義の正体:マルクスで読み解くグローバル経済の歴史』

開催日:2015年1月9日から毎週金曜日(全12回)
 1月9日・14日(水)・23日・30日
 2月6日・13日・20日・27日
 3月6日・13日・20日・27日

時間:19:00~21:00(軽食つき)

場所上野中央ビル(上野駅 入谷口5分)2階 アゴラ研究所会議室

定員:30名(先着順で締め切ります)。Ustreamによる視聴は無制限。

受講料(PayPalも利用できます)
 12回:6万円(消費税込み)
 継続受講者:5万円(過去に読書塾・経済塾を受講された方)
 女性・学生・Ustream:3万円

お申し込み方法専用フォームに必要事項をご記入いただき、フォーム記載の弊社口座へのご入金をもって手続き完了です。

主催:株式会社アゴラ研究所