きのうの読書塾では、『二・二六事件と青年将校』の話をした。この本でおもしろいのは、青年将校を従来のような狂信的ファシストとみていないことだ。
筒井清忠氏によれば、青年将校には天皇親政をめざす天皇主義者と北一輝の『日本改造法案大綱』を実現しようとする改造主義者がいて、磯部などのリーダーの多くは後者だったという。北の理論の中身はレーニンとほとんど同じだから、二・二六事件は一種の社会主義革命だった。

ただ北の独創性は、社会民主党のように革命を議会でやろうとするのではなく、天皇を使ってやろうと考えたことだ。もちろん北が武器をもってクーデタを指導したわけではないので、彼が死刑になったのは暗黒裁判だが、彼が青年将校に理論的支柱を与えたことは間違いない。彼もそれを認めて、死刑を受け入れた。

ここに歴史の皮肉がある。青年将校は二・二六事件では敗れたが、北の精神は(彼を師と仰ぐ)岸信介などの革新官僚に受け継がれ、普通選挙や公的年金など北の提案した政策が実現された。つまり天皇+社会主義という青年将校の構想は、近衛文麿の戦時体制に受け継がれたのだ。その中心になったのが、緒方竹虎など朝日新聞の革新派だった。

つまり「暴走する軍部を新聞が止められなかった」という神話とは逆に、青年将校の志を受け継いで対外的膨張主義を主導したのは、統制経済を志向するリベラル派だった。国家総動員体制は、大恐慌に対応するための社会主義体制であり、朝日新聞は単なるマスコミではなく、その中核だったのである。